小顔矯正について

小顔矯正は二段階あります。  

 

 まず、第一段階は、お顔のゆがみが矯正されて左右対称のシンメトリーになった時、アゴ先の角(かど)、頬骨の角(かど)、エラの角(かど)、眉の上の眼孔の角(かど)などの角(かど)がとれてスッキリしたお顔になります。この時が、第一段階の小顔です。  この時点でお顔は結構小さくなっていますので、友達・知り合いの方に「痩せた?何かダイエットしてる?」と言われることが多いと思います。    

 

 第二段階の小顔は、左右対称になったお顔をさらに顔巾が狭くなるように、そして、アゴを引き上げて、顔をより縦の巾が短くなるように矯正していきます。これが、第二段階の小顔です。 お顔にゆがみがあるうちは、顔の筋肉、皮膚等がゆるみ、たるみ、むくんで本来のお顔より大きくなってしいます。お顔のゆがみを矯正して、ゆがみが解消するとこれらの具合も解消していきます。  

 よって、お顔のゆがみを矯正してから、小顔矯正へ。

第一段階の小顔から、第二段階の小顔へ。これが矯正の正しい順序です。

 ゆがみを直さない他のサロンは、このことを知らずに、ただやみくもにお顔に圧を加えて、グリグリ・ゴリゴリしているところがほとんどです。 ゆがみを直さずにゴリゴリしていると、お顔がいびつになってしまうので注意が必要です。