頭蓋骨矯正とは?

頭蓋骨矯正.gif 

 頭蓋骨矯正は、『前頭骨』『頭頂骨』『側頭骨』『後頭骨』を主に動かします。

頭蓋骨は大きな一つの骨ではなく、23個の骨が組み合わさっています。

頭蓋骨矯正は、その各パーツごとの骨を矯正し整えて、「脳脊髄液」の流れを促します。

  頭蓋骨のわずかなズレによって、脳神経や血管が圧迫され、頭蓋骨の歪みはもちろん、お顔のゆがみ、顎関節のゆがみに影響します。

 頭蓋骨矯正の魅力は、なんと言ってもその変化と持続力です。

 


  頭蓋骨内には、脳や脳神経・血管が通っています。顎関節などに歪みが生じると、縫合に隙間があいたりします。そうすると、顔の歪み・頭蓋骨の歪みとなり、顔が左右非対称になります。


 また頭蓋骨が歪むと、骨の上を通っている脳神経や血管圧迫されて、血液やリンパ液はもとより、脳脊髄液の循環も悪化します。これらの流れが阻害されると新陳代謝が低下します。

 

脳脊髄液とは?
 脳脊髄液とは、神経の栄養源でもあるわずか250ccほどの体液です。
 頭蓋骨から背骨の中の中枢神経を通り、骨盤まで循環しています。
 脳脊髄液の流れが滞ると、神経の働きが低下し、結果、美容面、健康面にも悪影響を及ぼします。


頭蓋骨矯正は、お顔の歪み矯正と顎関節矯正の中で施術いたします。

 

頭蓋骨矯正することによって、緩んだ縫合がきちんと納まりますので、結果的に頭が小さくなります。

帽子がゆるくなったとのお声があります。